黒酢

広告

黒酢ニンニクに副作用はあるのか?

健康効果を期待して黒酢ニンニクを食していても、もしも副作用があったら、健康効果どころではないですよね?
そこで、ここでは知っておいて欲しい、黒酢ニンニクの副作用とともに、黒酢の様々な活用法を一挙に公開します!

 

実は黒酢は急性中毒をも引き起こす

黒酢、と聞くと、健康に良い、血圧を下げる、ダイエットにも良い、などというイメージがありますね。確かにこれらの効果はある程度確認されていて、医学的にも「追試は必要であるが、効果あり」というお墨付きも得ています。

 

ですがこの黒酢、人によってはアレルギー症状などの副作用を引き起こします。
食物アレルギーの一種ですが、人によっては黒酢飲料を200mg程度毎日飲んでいただけなのに、全身に紅斑(赤い斑点)が現われました。これは実例です。

 

またそもそも黒酢は「お酢」の一種ですが、30%酢酸含有程度の高濃度のお酢を摂取すると、即座に強い腹痛や嘔吐、そして尿に血液が溶け出す用血尿という副作用が見られることが知られています。これは全く救急車レベルの問題で、すぐに対応しないと命を落とすほどのものです。

 

一般に販売されている黒酢製品はそこまで酢酸の濃度が高いものは無い、と信じたいところですが、各社の「粒タイプ」は、味が無く飲めてしまうために、酸っぱさを感じません。結果、酢酸が異様に多いのを発見することが出来ません。

 

また報告されている副作用として、止血困難、というものがあります。「血液をさらさらにするお酢」というイメージが強いですが、その「さらさら」が行き過ぎてしまい、怪我をしたりちょっとした手術をした際に、出血が止まらなくなってしまうのです。

広告