黒酢の効果 便秘

広告

黒酢の効果 便秘

黒酢は、特に女性にとって嬉しい、便秘の改善効果を持っています。
黒酢が大腸の働きを活発にさせるためです。

 

元々お酢自体に、この効果は備わっています。
ですが、お酢を毎日、便秘に効く量採り続けるのは、かなりの努力が要ります。食事が全て酸っぱいもの、なんてことになりかねず、便秘対策なのか食事療法なのか分からないことになってしまいます。

 

そこで黒酢の効果です。
黒酢は普通のお酢と比べると、発酵・凝縮されている分、接種する量は少量で済みます。
具体的な量としては、1回あたり20〜50c程度で構いません。人によってはもっと少ない量でも、便秘改善の効果を発揮します。1日3回食後に飲むか、食事に調味料として加えて下さい。サプリメントの形になった黒酢製品であれば、製品記載の飲み方に従って飲んで下さい。

 

黒酢が便秘に効くと、美肌効果などが付随的に期待出来ます。
というのも、便秘をしている間は、大腸近辺にずっと便が留まっている状態です。
それらの便秘便は、有毒な腐敗物質を含んでいます。その腐敗物質は、大腸から多くはガスの形で吸収され、血液に乗ります。

 

腐敗物質が血液中をずっと流れていること、考えただけで気持ち悪くなりませんか?
実際、このようにして便秘の人の肌は荒れ、顔色は便秘をしない人と比べて、悪くなるのです。

 

便秘がいかに体に悪いかは、便秘症のご本人が一番よく分かっているはずです。
ちなみに、便秘の人の口臭は、臭いの専門家に言わせると、便の臭いがするそうです。
これは、便中のメタンガスなどの臭気ガスが血液に溶け込み、それが肺から呼気として排出されるためです。

 

口が臭い原因の1つとしても、便秘はあるのです。黒酢の効果ををしっかり理解して飲んで、便秘とはおさらばしましょう。

広告