玄米黒酢の効果

広告

玄米黒酢、と特別に言うまでもなく、黒酢は玄米で作られることが多いです。

玄米黒酢、と聞くと、なんだか特別な黒酢のように聞こえますが、黒酢を作るための主材料が玄米なだけであって、ある程度材料を選りすぐって作っているメーカーのものであれば、白米は使われず、玄米が使われます。

 

玄米が使われる理由は、白米に比べて栄養価が高いからです。
元々黒酢に発酵させる段階で、黒酢の大事な成分であるアミノ酸は増加しますが、元の材料にアミノ酸が含まれていなければ、アミノ酸の増加も期待出来ません。精白した白米に含まれるアミノ酸はごくわずかですから、米を原材料にする場合、自ずと原材料は玄米、そして出来上がるのは玄米黒酢、ということになります。

 

では、玄米黒酢の効果とはどういったものでしょうか。
玄米黒酢の特筆すべき成分は、アミノ酸と酢酸(お酢)です。

 

アミノ酸として玄米黒酢は、いわゆる必須アミノ酸を全種類含んでいると言われています。
実際の製品によって含有量はそれぞれですが、発酵させて黒酢にする過程でアミノ酸は増加し、健康効果を発揮すると言えます。

 

健康効果の具体的なものですが、

 

疲労回復・予防
高血圧予防
血流さらさら効果
抗酸化作用

 

などが、一般的なお酢と比べてより高い効果として期待されます。
加えて、これは黒酢の効果というべきものとして立証されているのですが、長期間黒酢を採り続けることで、

 

大腸がんの抑制効果

 

がある、というのが、タマノイ・酢研究所、というところから研究発表されています。

 

黒酢の、血液・血圧に対する効果は、日常に黒酢を組み込むこと、ただそれだけで出来る血栓対策、高血圧対策として、非常に優秀です。
但し、黒酢はいつ飲むかによって、またその量によっては、胃の粘膜を痛める恐れがありますので、その点気を付けて下さい。

広告